:::: MENU ::::

株式会社バックスラッシュ

岐阜県関市にあるかゆい所に手が届くコンピュータ屋さん

Posts Categorized / FreeBSD

  • 1月 23 / 2009
  • 0
CentOS, FreeBSD

メール添付ファイル送信

メール添付ファイル送信のためのuuencodeをインストールする
up2date –install sharutils (redhat)
yum -y install sharutils (CentOS)

uuencode [添付ファイルへのパス] [添付ファイル名] | mail -s ‘[タイトル]’ [送信先メールアドレス]

  • 1月 23 / 2009
  • 0
CentOS, FreeBSD

up2date、yumの利用方法

パッケージリストの更新
up2date -p (redhat)
yum check-update (CentOS)

アップデート可能なパッケージリストを表示
up2date -l (redhat)

パッケージのアップデート
up2date -u (redhat)
yum -y update (CentOS)

パッケージの個別インストール
up2date –install パッケージ名 (redhat)
yum -y install パッケージ名 (CentOS)

パッケージをスキップする場合
/etc/sysconfig/rhn/up2date (redhat)
pkgSkipList=kernel*;bind*;postfix*;dovecot*;
/etc/yum.conf (CentOS)
exclude=kernel* dovecot

  • 2月 12 / 2007
  • portupgrade はコメントを受け付けていません。
FreeBSD, サーバ

portupgrade

portupgradeの場所が変更になっていました…(汗)

ということで、削除して入れなおしました。

# 削除
pkg_deinstall portupgrade-2.2.2,2

# インストール
cd /usr/ports/ports-mgmt/portupgrade
make install clean

portsの同期
# cvsup -g -L 2 /etc/cvsup/ports-supfile

ports の変更留意点を確認
# less /usr/ports/UPDATING

処理時間短縮のため,portsのINDEXファイルをダウンロード
# cd /usr/ports
# make fetchindex

アップデートの必要なportsを確認する.
データベースの更新と検証.
# pkgdb -Fu (portsdb -Uu)
# portversion -v
# portversion -v -L = (バージョンの異なるものだけ表示する)
パッケージを指定して更新する.
# portupgrade -r パッケージ名(すべて更新する場合は、portupgrade -a)

# portsclean -C (お掃除)

# portsclean -D (distfilesに貯まってるソースを消去)

以上

  • 11月 11 / 2006
  • 鯖管備忘録 – 2006/11/11 – はコメントを受け付けていません。
FreeBSD, サーバ

鯖管備忘録 – 2006/11/11 –

FreeBSDのアップグレード(FreeBSD-SA-06:23.openssl)

chflags -R noschg /usr/obj/usr
rm -rf /usr/obj/usr

cvsup -g -L 2 /etc/cvsup/releng_6_1-supfile ※DNS
(cvsup -g -L 2 /etc/cvsup/releng_5_5-supfile ※Mail)
cd /usr/src
make -j4 buildworld ※約50分
make installworld

cd /sys/i386/conf/
config MYKERNEL
../compile/MYKERNEL
make cleandepend; make depend ※DNS
(make depend ※Mail)
make
make install

tail -100 /var/log/messages
tail -100 /var/log/maillog